マッチングの神様

 

日本はここ10年で平均年収は上がるどころが、下がり続け、

昔に比べて子供も育てるのにも厳しくなったような気がします。

はるか昔は農業などするのに大家族のほうが仕事上有利に働き、

出生率も高い現象が続いていました。

今では洗濯やご飯を炊いたりするのも機械ですぐできますし、

少子化の流れは変わることはないでしょう。

 

しかし今彼氏や彼女がいる人はもちろん、

これから恋愛予定の人、結婚予定の人や既婚者の方が

是非一度見て頂きたいのが、ドキュメンタリー番組の

マッチングの神様 結婚実験のリアリティです。

 

本当にいろんな人が出てきて、

自分をみつめ直すきっかけになります。

まさに人の振り見て我が振り直せです笑

 

そもそも結婚とは自分が幸せになるためのものではありません。

「相手を幸せにしたい」

これが根本にあるかないかで天と地のひらきがあるように思えます。

近頃は年収等経済力で選びがちですが、もう一度

振り返ってみる必要がありそうです。

 

そしてこのドキュメンタリーをを見たら

離婚率が減って上手くやっていけるカップルも

増えるだろうと勝手に思います。

シーズン1でいかにも上手くいくだろうというカップルが一組

いますが、このカップルがもし1カ月以内に別れているようなら

今頃人類は存在していないでしょう。

それぐらいお手本になるカップルです。

 

あとこれをみると結婚には向き不向きもある程度あるような気がします。

これから先3人に1人は結婚しない時代がくるとも言われてますし、

価値観が日本でも変わってくるかもしれません。

 

また男性と女性の考えの違いもよくわかりますし、

きっと勉強になるはずです。

というか気になってつい見ちゃいます。

是非一度「マッチングの神様」の番組を見てみて下さい。

 

 

喧嘩した時は?

 

長い間一緒にいたら喧嘩するときもあるでしょう。

その時喧嘩しても次の日にはひきづらない等の

ルールがあったりすればいいのでしょうけど、

喧嘩している時はお互い意地になったりしやすいもの。

 

その時共通の認識のルールがあれば、お互いはっとして

我にかえったり、早く仲直りすることができるかもしれません。

 

その共通の認識のルールとしてハンター律法を使ってみてはいかがでしょうか?

 

 20条 相手を許し無条件かつ不変で永久的な愛を持ってもよい

21条 感謝と思いやりと慈愛に満ちた生活をおくってもよい

22条 争いごとをやめて愛を告げる人になってもよい

23条 あまりにも理不尽なときはその人から離れてもよい